美白乳液-アスタリフトホワイトのエマルジョンの魅力をお伝えします!

エマルジョン(美白乳液)の特徴

人気度の高いエマルジョン

エマルジョン<美白乳液>は、なめらかなテクスチャーと高い持続力が特徴です。

 

アスタリフトシリーズはテクスチャー(材質感)の評判が良く、ベタつき感を感じやすい乳液との相性が良いです。

 

通常のアスタリフトシリーズのエマルジョンに比べて評価が高い化粧品なので、シミ・くすみが気になる方は一度試してみてください。

 

商品の特徴・概要と使い方、通常のエマルジョンとの比較情報をまとめました。

 

エマルジョン(美白乳液)の特徴

販売名 AL ホワイトエマルジョンb
分類 医薬部外品
容量 100ml
メーカー希望小売価格 通常4,620円/定期4,158円
レフィル(詰替用)価格 通常4,180円/定期3,762円

 

主な成分
美白有効成分

アルブチン

 

肌あれ有効成分

グリチルリチン酸ジカリウム

 

うるおい成分

ナノAMA+、ナノアスタキサンチン、3種のコラーゲン(コラーゲン・トリペプチドF・水溶性コラーゲン液)、メマツヨイグサ種子エキス、ヒアルロン酸

 

〈その他〉
N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、フェルラ酸、ツボクサエキス、天然ビタミンE、濃グリセリン、α-オレフィンオリゴマー、マルチトール液、
ポリエチレングリコール1500、BG、ピバリン酸イソデシル、メチルポリシロキサン、ポリエチレングリコール300、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、
イソステアリン酸POEグリセリル、ステアリン酸POEグリセリル、イソステアリン酸、ベヘニルアルコール、マイクロクリスタリンワックス、
ステアリン酸、バチルアルコール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、ステアロイルメチルタウリンNa、大豆リン脂質、オレイン酸ポリグリセリル、
ショ糖脂肪酸エステル、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸エステル、香料、粘度調整剤、pH調整剤など

 

特徴

ランキングナンバー1

乳液は皮膚に水分・油分を与えて、皮膚からの水分の蒸発を防ぐと同時に滑らかにする乳状の化粧品です。

 

アスタリフトホワイトのエマルジョン(美白乳液)は、他社製品ではベタ付きやすいデメリットをナノAMA+の浸透力で軽減し、乳液ならではの高い持続力を確保しています。

 

乳液とナノ化技術による浸透力の相性が良く、MAQUIA2020美白乳液部門1位を受賞しています。

 

他のアスタリフトホワイトシリーズと比較した特徴はヒアルロン酸が含まれていることです。

 

乳液(エマルジョン)ではなく美白クリームを活用する方法でも問題ありませんが、肌へハリを与えたい方はアスタリフトホワイトのエマルジョンを活用するとよいでしょう。

 

口コミの評価が高い美白乳液は5,000円を超える商品が散見されますが、アスタリフトホワイトの美白乳液は価格と機能性のバランスが良い理由で選ぶ方が多いです。

 

使い方
  1. 1回の使用量は2プッシュ
  2.  

  3. 美容液を使った後の仕上げで活用する
  4.  

  5. 顔全体に優しく広げた後に指の腹をすべらせて馴染ませる
  6.  

  7. 目元や口元などシワ・たるみの気になる部位は必要に応じて重ね塗りする

 

アスタリフトホワイトシリーズの他の化粧品は塗り込み完了のサインがありますが、エマルジョンは乳液なので適度に滑る感じが残った状態のままで問題ありません。

 

1回2プッシュを毎日使った場合でも、1.5~2ヶ月ほど持つのでコスパが良いです。
美白に働きかける栄養が豊富なため、他メーカーの化粧品に併用して使う方もたくさんいます。

 

使い方に大きな注意点はありませんが、量をしっかり肌へ馴染ませるように意識するとより効果が高まります。

 

アスタリフトとの比較

通常のアスタリフト(エマルジョン)は、リコピンとスクワランを使用しています。
一方でアスタキサンチンはナノ化されてなく、ナノAMA+も使われていないので注意しましょう。

 

料金は同じで、通常のエマルジョンはハリを与える働きが強いですが、ナノ化技術のメリットが低いです。

 

他の商品は通常シリーズとホワイトシリーズで人気を分け合っていることが多いですが、乳液についてはアスタリフトホワイトの美白乳液に人気が集中しています。

 

通常のアスタリフトシリーズを使用している方も、乳液だけはアスタリフトホワイトの活用を検討してみてください。

 

ナノAMA+による浸透力で、通常シリーズ以上の満足度を得られるかもしれませんよ!

TOPへ